流産後の妊娠

流産後の妊娠について記しています。

流産後の妊娠について記しています。

流産後の妊娠って結構時間がかかるもの?

流産後の妊娠って結構時間がかかるものかというと、そんなに時間はかかりません。

反対に、流産後の妊娠って結構早くできるものなんです。

一度流産してしまったら、再び流産しそうな感じがしますが、そんなことはありません。

化学流産の場合は流産を繰り返す恐れがありますが、稽留流産などの場合は、すぐに妊娠することがあります。

なぜなら、流産したことにより、子宮の中がきれいになるからなんです。

子宮の中がきれいになると、着床しやすくなるため、妊娠しやすくなるのです。

でも、流産してすぐの妊娠は、できれば避けるべきなんです。

子宮の中がきれいになっても、子宮の機能は回復していません。

子宮の機能が回復していないと、また流産になってしまうことがあります。

そのため、流産後、生理が1、2回来るのを待ったほうがいいのです。

それからだと、流産する確率を下げることができます。

一度流産を経験したら、次またすぐに・・・と思ってしまうかもしれません。

でも、流産後すぐではなく、生理が1、2回来るのを待ってから、再び子作りするようにしましょう。

流産したら妊娠しにくくなるってホント?

流産したら妊娠しにくくなるってホントかというと、ホントではありません。

逆に、流産後の妊娠ってしやすくなるのです!

流産後の妊娠ってしやすくなるって聞いたことはありませんか?

これはただの噂ではなく、医学的にも証明されていることなんです。

どうして流産したら妊娠しやすくなるのか?

それは、流産後、掻爬手術をして、子宮内をキレイにするからなんです。

掻爬手術をすることにより、子宮内がきれいになって、子宮内膜が着床しやすくなります。

これが流産したら妊娠しやすくなる原因なんです。

原因不明の不妊症の方が、掻爬手術を行って、妊娠しやすくなるという方法があります。

ただ、原因が赤ちゃんの染色体異常などである場合です。

不育症などの場合は、また流産になってしまう恐れがあります。

流産が続いてしまう場合は、何が原因があると考えられますので、きちんと調べる必要があります。

流産には兆候があるものなの?

流産には兆候がある場合があります。

よくあるのが、つわりがなくなるというものです。

妊娠初期はつわりで辛い思いをされている方が沢山います。

でも、突然そのつわりがなくなってしまうのです。

また、生理痛のような腰痛などが起こることもあります。

流産というと、腰痛や腹痛などが起こるイメージがありますよね。

腰痛などが起こることもあるのですが、実際全く症状がない場合もあるのです。

それ以外にも、出血が起こることもあります。

生理のように、大量に出血が起きた場合は、すぐに病院に行ってください。

ただ、正常に妊娠が続いていても出血が起きる場合があります。

ですので、出血が起きたら、念のために病院に行って診察してもらってください。

流産したら、気になるのが流産後の妊娠です。

流産後の妊娠は、生理が2回ほど来てからがいいので、流産後すぐではなく、時間を空けてからにしましょう。

流産後の妊娠の確率やポイント

ページの先頭へ